カーキャンプ用品の究極ガイド

The Ultimate Guide to Car Camping Gear - REDTIGER Official

シア、2022 年 9 月 18 日

カーキャンプ用品の究極ガイド

オートキャンプについて知っておくべきこと

コーチェラ カーキャンプ

理論的にはコーチェラはオートキャンプの一部ではありませんが、コーチェラが非常によく知られているため、多くの人がコーチェラを通じて初めてオートキャンプに出会ったことを考えると、ほとんどのオートキャンプ用品よりも実際にオートキャンプにとって意味があります。

REDTIGER-Dash-Cam-for-Use-in-Car-Camping

コーチェラは 1999 年に始まり、毎年 4 月の第 2 週末と第 3 週末に、ロサンゼルスから車で約 3 時間のカリフォルニア州インディオで開催されます。砂漠で開催される音楽フェスティバルとして、旅行者向けにオートキャンプ、テントキャンプ、より豪華なエルドラド湖の3種類の宿泊施設を提供しています。無数の人がオートキャンプを目的にカリフォルニアを訪れ、オートキャンプに参加しています。コーチェラは感染症の影響で2年間延期され、今年ようやく再開されたが、その影響力は依然として衰えていない。最近のオートキャンプに関する検索では「コーチェラ オートキャンプ」が依然として1位を占めており、その人気の高さが分かります。コーチェラをきっかけに初めてオートキャンプを始める人も多いので、記事の一番上に記載しました。

ではオートキャンプとは何でしょうか?

オートキャンプを経験された方も多いと思いますが、全く知らない方も含めた読者の皆様に敬意を表して、オートキャンプとは何なのかをご紹介したいと思います。

オートキャンプって何?オートキャンプは、ある意味、完全自動運転ツアーのようなもので、参加者はテント、寝袋、マット、食料品などのさまざまなオートキャンプ用具や日用品を持ち込んで、自動運転ツアー、大自然の中での宿泊、食事。電車や飛行機のスケジュールに制限されることなく、複数の観光スポットを思いのままにドライブしたり、途中で即席で休憩したりすることができます。旅行者は、旅行必需品を車に積んだまま、重いショルダーバッグを手放すこともできます。

先進的な試み —— 長期オートキャンプロードトリップ

オートキャンプ愛好家の中には、東海岸から西海岸まで、さらには全米を横断してオートキャンプのロードトリップを始める人もいるでしょう。この段階では、キャンプやドライブの経験が向上するにつれて、参加者にとってオートキャンプ用具は問題ではなくなり、参加者の焦点はキャンプから旅行へと移り始めます。長距離ドライブを通じて、緑豊かな東海岸から米国本土全体の西の砂漠に至るまで、風景の劇的な変化を体験できます。この旅の間、参加者は砂漠の大自然を目の当たりにするだけでなく、西部のカウボーイタウンの習慣を体験することもできます。これは、運転スキル、言語スキル、予期せぬ状況下で問題に対処する能力を総合的にテストするものであるため、他に例のない成果です。

Z世代の新トレンド「グランピング」

逆に、オートキャンプの経験や予算が増えて、旅行よりもキャンプに重点を置き始めるなら、「グランピング」がおすすめです。 「グランピング」とは、「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を組み合わせた造語で、より洗練された快適なアウトドアキャンプライフを指します。グランピングの人気は、Z 世代の注目を集めることに成功したことに由来しています。グランピングをする人は常に十分な予算を持っています。より良いキャンプライフを実現するために、マットレスや暖房器具、インフレータブルソファなどの高級オートキャンプ用品を大自然のテントに持ち込み、丁寧に配置して大自然の中に居心地の良い「家」を建てる「グランパー」。したがって、十分な予算があり、オートキャンプの体験をさらに充実させたい場合は、より快適な環境とより快適な睡眠を提供する「グランピング」が最適です。

 

快適な車中泊の作り方

ただし、長期のオートキャンプロードトリップやグランピングは経験や予算が必要です。ほとんどの予備愛好家は、シンプルだが快適なオートキャンプ旅行から始めることができます。では、どうやって始めればよいのでしょうか?次の点を考慮してください。

REDTIGER-Dash-Cam-for-Use-in-Car-Camping

適切な目的地を選択する

美しい景色とフレンドリーな仲間も私たちの幸福を高めてくれるので、キャンプは常にそれ自体以上の意味を持っています。快適な気候と美しい景色を備えた目的地は、旅行全体をより簡単で楽しいものにしてくれます。道沿いにあるランダムな名所を訪れるのはさらに素晴らしいことですが、ほとんどの人、特に経験の浅い参加者にとっては、明確な目的地があれば旅程を簡単に組み立てることができます。完全な計画を立てなければならないというわけではなく、明確な目的地と大まかなルートがあれば十分です。そうする目的は、目的地がたくさんある中で迷わないようにするためだけです。どこに行けばよいか本当にわからない場合は、国立公園や有名な景勝地を検討しても問題ありません。

事前にスケジュールを立てる

事前にスケジュールを立てることには、高速道路のピーク時間を回避し、キャンプ場の気候を適切に保つという 2 つの利点があります。

一方で、休日や週末には高速道路が非常に渋滞し、運転体験が悲惨なものになる可能性があります。

一方で、気候は季節ごとに異なり、キャンプに直接影響を与える可能性があります。夏以外にオートキャンプに行く場合は、キャンプ期間中の目的地の天気や夜間の気温を必ず調べてください。テントで一晩過ごすかどうかを決めるのに役立ちます。たとえば、冬には砂漠の夜間気温が氷点下になる場合があり、その気温でのキャンプはほぼ​​不可能になります。さらに、夏場はテントに通気性の面でさらなる要求があり、その他のオートキャンプ用品も季節によってニーズが異なります。

最高のカーキャンプギアを装備

購入できるオートキャンプ用品は常に無限にあります。したがって、どのオートキャンプ用品が必要かを区別することが重要です。一方で、必須ではないものの効果的に役立つものもいくつかあります。この部分については、次のセクションで詳しく説明します。オートキャンプ用品は贅沢品ではなく、通常は支払った金額に見合ったものを手に入れることができます。このように、最高のオートキャンプ用品は、快適なオートキャンプを管理するのに本当に役立ちます。

REDTIGER-Dash-Cam-for-Use-in-Car-Camping

これらの車中泊用品は必要です

かけがえのないギア —— テント、スリーピングマット、シュラフ

「キャンプに必要な道具は何ですか?」「オートキャンプに便利なアイテムは何ですか?」など、ネット上でよくあるオートキャンプに関する質問をまとめました。オートキャンプにとって、いかに快適に眠るかは何よりも重要です。この点で、テント、スリーピングマット、シュラフの3つは必須の装備です。

テントと寝袋の選択には、気候と天候の要因を考慮する必要があります。

前述したように、夏場の換気に関してはテントには追加の要件があります。これを無視すると、夏のテント内での睡眠の質が悲惨なものになる可能性があります。気温に加えて、降水量もテントの選択に影響します。降水確率が高くない場合は、1 ~ 3 時間程度の小雨に耐えられる薄手のレインフライが役立ちます。ただし、梅雨の時期には、長時間の大雨に耐えられる、厚めのレインフライを備えた二層テントを選択する必要があります。さらに、強風が吹いている場合は、お金を節約するために非常に安いテントを購入しないでください。安価なテントには通常、強度の低いテントポールと杭しか装備されていません。したがって、耐風性は劣ります。さらに、ワンサイズ大きいテントを購入するとより快適にキャンプができるかもしれません。 4 人用に設計されたテントは、通常、4 人がぎりぎり入るのに十分な大きさで、他のサイズも同じです。したがって、二人で旅行する場合は 4 人用のキャンプ テントを購入できます。家族旅行の場合は 8 人用のキャンプ テントを購入できます。

同様に、寝袋も天候や気候に応じて素材を選ぶ必要があります。一般的な寝袋の素材には、ダウン、アクリル綿、織糸などがあり、高温では涼しく、低温では暖かい素材を選ぶのが基本です。比較的、寝袋の選択はテントよりも簡単です。

そして、スリーピングマットの選択は通常、それほど考慮する必要はありません。スリーピングマットの品質に問題がない場合は、その上で快適に横たわるだけで十分です。

その他の便利なギア

上記の 3 つのキャンプのコアギアに加えて、キャンプ体験を強化するために重要なギアもいくつかあります。

オートキャンプの経験があまりない場合は、缶詰、パン、インスタントラーメン、クッキーなどのファストフードで食事のニーズを解決できます。少なくとも飢えを避けるのには役立ちます。ただし、スープや麺類などを自分で調理できる場合は、コンロ、鍋とフライパンのセット、燃料の 3 点調理セットが便利です。もちろんライターも持参してください。また、通常、ファミリーキャンプでは調理の需要が高まるため、鍋やフライパンのセットの必要性も高くなります。これらがないと調理に時間がかかります。

さらに、言及する価値のあるギアが他にもいくつかあります。応急処置が第一です。自分が病気にならないとは思わないでください。もしそうであれば、これらのアイテムは危険を平和に変える役割を果たすことができるでしょう。次に、キャンプ場は通常水源からある程度離れていることを考慮すると、水袋も重要です。さらに、ナイフは、ジャングルで道を切り開く、物を切る、身を守るなど、多くの緊急事態に対処するのに役立ちます。もちろん、テント内で使用するキャンプライトや予備照明用の懐中電灯、歩行エネルギーを約20%節約できるトレッキングポール、テント設営を早くするためのシャベルなども役立ちます。

コンパス、蚊よけ、浄水フィルター、双眼鏡、バーベキューグリルなど、言及されていない他の装備も依然として重要である可能性があります。必要に応じて、これらのものを持参すると、より良いキャンプ体験が得られます。ただし、上記のより重要な機器を最初に持参することを常に忘れないようにしてください。

キャンプに最適な車

オートキャンプはキャンプだけではなく、車も重要です。したがって、キャンプに最適な車を選ぶことも同様に重要です。荒野の複雑な地形を考慮すると、通常、SUV がオートキャンプに最適な車両と考えられており、特にオフロード性能に優れた四輪駆動システムを備えた SUV が考えられます。

SUV には注意が必要な追加の詳細がいくつかあります。

まず、乗客定員が多く、理想的には 6 席以上である必要があります。ファミリーキャンプ旅行では参加者が4人以上になることが多いため、4人乗りのSUVが場違いな場合もあります。

次に、特別に設計されたトランクが必要です。一方で、トランクが大きいほど、より多くの収納スペースを提供できます。一方、一部の SUV の特別に設計されたトランクは、直径 2 メートルを超える特別な平らなスペースを提供できます。なぜなら、後部座席を倒すとインフレータブルマットレスを置くことができ、車の後部を就寝スペースに変えることができるからです。この設計は、旅行中に何か問題が発生し、テントがうまく張れなくなった場合に追加のオプションを提供する可能性があります。

さらに、外部特別ソケットを備えた一部の特別設計の SUV は、最大 2 kW の外部放電機能を提供できます。この機能があれば、キャンプ中に湯沸かしポットや小型クッカーなどの電気機器が使えるようになり、オートキャンプの大変さが明らかに軽減されます。

代替ソリューション —— キャンピングカーの改造

ただし、あなたのSUVが上記のような特別に設計されたものでない場合は、キャンピングカーに改造することで、よりオートキャンプに適したものにすることもできます。

SUV に十分なトランクスペースがある場合は、後部座席を取り外しても、インフレータブルマットレスを収納できる可能性があります。

さらに、屋根に荷物ラックを取り付けることができ、追加の収納スペースを提供できます。

さらに、ドライブレコーダーなどの目立たないキャンピングカー用アクセサリーも役に立ちます。ドライブレコーダーが提供する録画ビデオは、非常に役立つことがあります。車の近くに足りないものを探したり、テントを張るレビューを見たいときは、ドライブレコーダーの録画ビデオが便利です。

REDTIGER-T27-Exclusive-Camera-Front-4K-Rear-2.5K

キャンピングカーアクセサリーに関する当社独自のサポート

私たちREDTIGERはプロのダッシュ カム製造業者として、最高の製品であるT27フロントおよびリアビューミラー ダッシュ カムなど、業界で最も先進的なダッシュ カムを提供することができます。専用のハードウェア キットを備えた当社のダッシュ カムは、周囲の環境を自動的に監視できます。内蔵のGセンサーが突然の衝撃や衝突を検知すると、カメラは自動的にビデオをロックします。

さらに、 REDTIGER ダッシュ カムには、当社独自の24 時間 365 日駐車モードも搭載されています。24 時間 365 日駐車モードでは、駐車中の車のセキュリティを確保するために、駐車中の車両セキュリティ カメラで駐車モードで 24 時間連続録画します。また、タイム ラプス機能によりメモリ領域を節約し、より安全な駐車環境を車に提供します。

これらの機能はすべて独占的ですが、他のメーカーが提供するその他の基本機能も当社で提供できます。つまり、当社の高度なダッシュ カムを一度体験していただければ、 REDTIGER を選んだことを決して後悔することはありません。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドは、マークされています *

コメントは公開される前に承認される必要があることに注意してください